読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oh! My Radio~i tunes~

自分の(架空)ラジオ番組で掛けたい曲。おすすめ曲・ハマっている曲を紹介。

SO YOUNG/THE YELLOW MONKEY(1999年)

こんばんは。

また少し間隔が空いてしまいましたが、本日紹介するのはこちらのアーティスト。

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は、日本ロックバンド。愛称・略称はイエモン

2012年現在、CD総売上枚数は1008万枚。

1988年に結成、2001年1月より活動を停止し、2004年7月7日をもって解散した。かつての公式ファンクラブは「Petticoat Lane」。

2016年1月、再結成と16年ぶりの全国ツアーを発表。

THE YELLOW MONKEY - Wikipedia 

f:id:imoto78:20161009211510j:plain

1990年代に一世を風靡した「イエモン」ことTHE YELLOW MONKEY

2004年に解散しましたが今年2016年に再結成を果たしました。

www.youtube.com

SO YOUNG

SO YOUNG

JAM、SPARK、楽園、LOVE LOVE SHOWなどのヒット曲がありますが、

ぼくが一番好きなのは1999年に発表された「SO YOUNG」です。

 

イエモン全盛期だった1990年代半ばから後半というのは小学生だったので、

存在は知ってるけれどそこまで聴いてはいませんでした。

失われた愛を求めて―吉井和哉自伝

失われた愛を求めて―吉井和哉自伝

 

数年前に図書館で借りてきたボーカル吉井和哉さんの自伝。

これを読んだのがイエモンに目覚めたキッカケでした。

 

内容はもう記憶があいまいな感じですが、

ショッキングで波乱万丈な内容に衝撃を受けたのは覚えています。

 

このSo Youngなんですけど決してハッピーな歌ではないのですが、

聴いていて切ないというかこの歌詞に共感できる自分は人生をそれなりに生きてきたのかなと感じられる歌です。

 

終わりのない青春 それを選んで絶望の波にのまれても

ひたすら泳いでたどりつけば

また何か覚えるだろう

吉井さんは「自身の楽曲の中で究極のラブソング」、「自分が死んだときに流してほしい曲」としてこのSo Youngを挙げています。

自分の生について考えさせられますね。

 

そんなわけで本日紹介した一曲はTHE YELLOW MONKEYのSO YOUNGでした。