読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oh! My Radio~i tunes~

自分の(架空)ラジオ番組で掛けたい曲。おすすめ曲・ハマっている曲を紹介。

シェリー/尾崎豊(1985年)

こんばんは。

本日紹介するのは26歳でこの世を去ったカリスマミュージシャンの名曲。

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日 - 1992年4月25日)は日本ミュージシャンシンガーソングライター青山学院高等部中退。血液型B型

尾崎豊 - Wikipedia

f:id:imoto78:20160911191610j:plain

1983年にシングル「15の夜」、アルバム「十七歳の地図」でデビュー。

尾崎豊が1985年に発表したアルバム「回帰線」の最終トラックとして収録されたのがシェリーです。

www.youtube.com

シェリー

シェリー

  • 尾崎 豊
  • ロック
  • ¥250

1992年に26歳で死去した時ぼくは4歳だったので、彼の死がどのくらい世間に衝撃を与えたのかはタイムリーには知りません。

けれど、彼のトリビュートアルバムやカバーを通して歌い継がれている彼の楽曲を通して尾崎豊という存在の大きさを感じています。

 

尾崎豊の曲はI LOVE YOUはカラオケの人気曲、他にも僕が僕であるために、卒業、最近だとOh! My Little Girlが映画主題歌に使われたり、若者でも彼のことを知っている人は多いと思います。

 

その中で僕のおすすめはシェリーです。

不器用で繊細でどこまでも優しい彼の歌詞がたまらないですね。

シェリー 見知らぬところで

人に出会ったらどうすりゃいいかい

シェリー 俺ははぐれ者だから

おまえみたいに上手く笑えやしない

シェリー 夢を求めるならば

孤独すら恐れやしないよね

シェリー ひとりで生きるなら

涙なんか見せちゃいけないよね 

 人は年齢や経験を重ねていく中で、社会の不条理や矛盾みたいなものとどうにか折り合いを付けながら生きていると思うけど、

尾崎豊という人間はその一つ一つの矛盾、不条理にど真面目に向き合ってきた人間なのかなと彼の作品を通して感じます。

 

ぼくが27歳の誕生日を迎えたのが2年前。

尾崎豊が生きた年齢を超えた瞬間でもあります。

 

26歳の若さで亡くなったことも彼の存在をさらに大きいものにしていると思うけど、

26年しか生きていないのに今も人々の心を動かしている尾崎豊は偉大だなと思います。

 

自分の心に迷いが生じたり今いる立ち位置が分からなくなりそうな時、

そんな時にそばに置いておきたい一曲がぼくにとってはシェリーという曲なのかなと思います。