Oh! My Radio~i tunes~

自分の(架空)ラジオ番組で掛けたい曲。おすすめ曲・ハマっている曲を紹介。

世界が終るまでは.../WANDS(1994年)

こんばんは。

本日紹介するのはB'z以来のビーイングアーティスト。

WANDS(ワンズ)は、日本ロックバンド。90年代にビーイングの核となっていたバンド。 1991年にシングル「寂しさは秋の色」でデビュー。2度のメンバーチェンジを経て、2000年に解散(「解体」と表現)した。

WANDS - Wikipedia

f:id:imoto78:20160908214159j:plain

1990年代前半~中盤にかけてヒット曲を連発したロックバンド「WANDS」。

アニメ「スラムダンク」のテーマ曲として起用されたのが、1994年発売の「世界が終るまでは...」です。

www.youtube.com

世界が終るまでは…

世界が終るまでは…

ぼくと同世代、アラサ―世代にとってはたまらない一曲なのではないでしょうか。

大好きな曲の一つです。

 

B'zの稲葉さんを始め、WANDS上杉昇さん、T-BOLAN森友嵐士さんなど90年代を彩ったビーイング系バンドのボーカリストは本当にカッコいいです。

こういう男っぽい歌い方は憧れです。

そして人は 形(こたえ)を求めて

かけがえのない 何かを失う

欲望だらけの 街じゃ 夜空の

星屑も 僕らを 灯せない 

 「世界が終るまでは...」出だしのイントロも好きですけど、上杉さんの書く歌詞がホントカッコいい言葉を使ってるんですよね。

1番から2番へのこのフレーズも好きです。

 

ちなみにこちらの曲にはコーラスとして大黒摩季さんも参加しています。

彼女もビーイングのトップアーティストの一人でした。

 

ビーイングアーティストの曲は他にも紹介したい曲がたくさんあるので

また日を改めて紹介していければ良いと思います。