読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oh! My Radio~i tunes~

自分の(架空)ラジオ番組で掛けたい曲。おすすめ曲・ハマっている曲を紹介。

夏の終わり/森山直太朗(2003)

こんばんは。

9月に入ったからといって夏が終わったわけではないですが、本日はこちらの曲を紹介。 

森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 - )は、日本シンガーソングライター作詞家作曲家。名前の由来は素「直」で「太」く「朗」らかから。セツナインターナショナル所属。

東京都渋谷区出身。成城学園高等学校成城大学卒。

森山直太朗 - Wikipedia

f:id:imoto78:20160901215954j:plain

森山直太朗さんの3rdシングル「夏の終わり」。

夏ソングというとアッパーチューンが多いけれど、この曲は夏の終わりに聞くにふさわしいしっとりとしたナンバーです。

www.youtube.com

夏の終わり

夏の終わり

 直太朗さんの曲は夏の終わり以外にも今が人生、君は五番目の季節、生きてることが辛いならなど好きなんですけど、作詞を担当している御徒町凧(おかちかいと)さんの詩が好きなんです。

作家の本谷有希子さんの旦那さんでもあります。

君は五番目の季節

君は五番目の季節

 

今が人生

今が人生

 

生きてることが辛いなら

生きてることが辛いなら

 「生きてることが辛いなら」の詩なんて本当に素晴らしいです。

発表した当初に自殺を勧めている歌みたいにマスコミの取り上げられ話題になったけれど、そういう風に解釈する人は曲を最後まで聴いてない人たちです。

 

森山直太朗という歌い人と御徒町凧という詩人。

高校の同級生でもあるこの二人の天才が生みだす世界は唯一無二のものだとと思います。

 

御徒町凧さんの詩の方も読んでみたいです。

直太朗さんの曲共々注目してみてほしいです。

人に優しく

人に優しく

 
人間ごっこ

人間ごっこ