読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oh! My Radio~i tunes~

自分の(架空)ラジオ番組で掛けたい曲。おすすめ曲・ハマっている曲を紹介。

よー、そこの若いの/竹原ピストル(2015年)

2010年代 俳優 男性ソロ 邦楽

こんにちは。

今日紹介するのは以前から紹介したかったこのアーティスト。

竹原 ピストル(たけはら ピストル、1976年12月27日 - )は、日本ミュージシャン歌手ギタリスト俳優である。本名、竹原 和生(たけはら かずお)の名で活動することもある。千葉県千葉市出身。道都大学社会福祉学部卒業。

野狐禅のメンバーであり、解散後はソロとして活動。俳優としては熊切和嘉監督作品を中心に映画に出演している。

竹原ピストル - Wikipedia

f:id:imoto78:20161204151126j:plain

1999年に二人組フォークデュオ「野弧禅」を結成し2003年にメジャーデビュー。

2009年からソロとして活動している竹原ピストルさんです。

www.youtube.com

 

よー、そこの若いの

よー、そこの若いの

  • 竹原ピストル
  • J-Pop
  • ¥250

 

ぼくが竹原さんを知ったのはダウンタウンが司会をしていた「HEY!HEY!HEY!」。

野弧禅として出演していた時に存在を知りました。

 

その後松本さんがラジオ放送室で野弧禅のことを絶賛していたり、

映画「さや侍」に出演したりでぼくの中では

さや侍 [DVD]

さや侍 [DVD]

 

 

あの松本人志が認めた男、竹原ピストル。

その存在がより大きいものになりました。

 

今回紹介する「おーい、そこの若いの」。

CMソングとしても起用された魂を揺さぶる一曲です。

よー、そこの若いの

俺の言うことをきいてくれ

「俺を含め、誰の言うことも聞くなよ」

 

よー、そこの若いの

君だけの花の咲かせ方で

君だけの花を咲かせたらいいさ

この曲の歌詞は全部良いんですけど、

インパクトが強いのはサビのこの部分ですね。

 

今のぼくはアラサ―と呼ばれる年齢で年下の知り合い、仲間も増えてきたんですけど

この歌詞を聞いてハッとさせられました。

 

若い子たちに堅いアドバイスなんていらない。

生き方なんて人それぞれ異なるものなのだから、彼らの進む道をただ肯定して挙げればいいんだなと感じました。

 

むしろ年上に何を言われようと「そんなこと知ったことあるかい!」くらい跳ね返す強さを持ってほしいなと思います。

頼もしいですね、そんな子たちがいたら。

 

今悩んでる人たちがいたら取りあえずこの曲を聞いてほしい。

そんな一曲を紹介しました。

ではでは。

カウンターアクション/go!go!vanillas(2015年)

2010年代 バンド ロック 男性ボーカル 邦楽

こんばんは。

大分ご無沙汰になっていたこのブログです。

go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)は、日本の4人組ロックバンド

2015年4月1日にメジャー1stシングル「バイリンガール」発売。

go!go!vanillas - Wikipedia

f:id:imoto78:20161127210643j:plain

本日紹介するのはこちらのバンド、go!go!vanillas。

2015年にデビューした4人組ロックバンドです。

www.youtube.com

カウンターアクション

カウンターアクション

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250

実はこのバンドと、このカウンターアクションという曲を知ったのはつい2日前。

音楽フリークの後輩に教えてもらい存在を知りました。

 

この曲はイントロからの疾走感あふれる感じがたまらないです。

初めて聴いた瞬間に「おっ!」っと自分の中に刻まれました。

oh wow 波乱万丈な君に救いの手を

メーデー

目先に囚われて我を失うな

曲を聞いてもらえば分かりますがサビの「oh wow」の部分が良いです。

ライブで確実に盛り上がるだろうという絵が見えます。

 

go!go!vanillasの曲ではマジック、エマ、スーパーワーカーなどが人気曲みたいです。

まだこちらはしっかり聴けてないので聴きたいと思います。

マジック

マジック

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250
エマ

エマ

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250
スーパーワーカー

スーパーワーカー

  • go!go!vanillas
  • ロック
  • ¥250

 本日紹介したのはこれから大注目のバンドgo!go!vanillasのカウンターアクションでした。是非これを機会に聴いてみてください。

ではでは。

夢の外へ/星野源(2012年)

2010年代 俳優 男性ソロ 邦楽

こんばんは。

本日紹介するのは歌だけでなく役者としても大活躍、こちらのアーティスト。 

 星野 源(ほしの げん、1981年1月28日 - )は、日本の俳優シンガーソングライター文筆家埼玉県蕨市出生、川口市出身。所属はアミューズ(音楽業)、大人計画(俳優業)。インストゥルメンタルバンドSAKEROCK」のリーダーとして、主にギターマリンバを担当して、エッセイストコラムニストとしても複数の連載や刊行物を著しているマルチタレントである。

星野源 - Wikipedia

f:id:imoto78:20161023215245j:plain

元々は「SAKEROCK」というバンドで2000年~2015年まで 活動していた星野さん。

2010年にアルバム「ばかのうた」でソロデビューしました。

www.youtube.com

夢の外へ

夢の外へ

今回はその中で2012年に発売された「夢の外へ」をチョイスしました。

最近の曲だと「SUN」、新曲の「恋」辺りを選びたいところですが、あえてこの曲をチョイスしました。

 

SAKEROCKの頃からうっすら存在は知っていたかなくらいでしたが、

はっきり「星野源」という存在を認識したのがこの曲でした。

自分だけ見えるものと

大勢で見る世界の

どちらが嘘か選べばいい

君はどちらをゆく

僕は真ん中をゆく 

この2番のフレーズがホント好きですね。

よく分かるし、深いですよ、このフレーズは。

 

自分の人生って周りの多数がどう見るかよりも

自分がどう見るかが大事だと思うんですね。

 

自分で見たものを確かなものとして人生の道を進んでいくことの重要性を

ぼくはこのフレーズから感じました。

 

今年の3月からはラジオ「星野源オールナイトニッポン」もスタートし、

新曲「恋」がオリコン初登場2位、そして同曲が主題歌に起用されているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演中と絶好調。

www.youtube.com

話題沸騰中のガッキ―・新垣結衣さんの「恋ダンス」。

曲と共々楽しんでみてください。

ではでは。

 

愛の謳/Every Little Thing(2002年)

2000年代 バンド 女性ボーカル 邦楽

こんばんは。

本日紹介するのは今年デビュー20周年を迎えたこちらのアーティスト。

 Every Little Thing(エヴリ・リトル・シング、略称:ELT)は、日本の音楽グループ(バンド)。1996年8月7日にデビュー。エイベックス・マネジメント所属。

Every Little Thing - Wikipedia

f:id:imoto78:20161010203747j:plain

ボーカル持田香織さんとギター伊藤一朗さんからなるELTことEvery Little Thing

1996年に「Feel My Heart」でデビューし、今年で20周年を迎えました。

www.youtube.com

 

 Every Little ThingはCDを買うほどのファンだったわけではないですが、ぼくらの世代はELTの全盛期をを聴いて育ってきた世代だとは思います。

大学時代に行った「a-nation」で生歌は聴くことができました。

 

ELTの曲はいつ聴いても色あせないというか、

時間が経過しても聴き続けられる曲が多いなという印象です。

 

その中でも「もっちー」、持田香織さんのは良い歌詞を書くなと思います。

優しい言葉の中に強さが入っている感じです。

 

この「愛の謳」ですが、2002年に発売された「UNTITLED 4 ballads」という4曲A面というシングルで発売された中に収録された一曲です。

 

当時はあまりこの歌にピンとは来てなかった気がするのですが、

改めて知るきっかけは「さや姉」こと山本彩(NMB48AKB48)さんがオーディションで歌った一曲としてこの曲を歌っていたことでした。

www.youtube.com

もっちーの声質が柔らかく優しいのに対して、さや姉バージョンはより鋭い感じですね。さや姉バージョンも聴いてみてください。

 

そんなわけで本日紹介したのはEvery Little Thingの愛の謳でした。

SO YOUNG/THE YELLOW MONKEY(1999年)

1990年代 バンド ロック 男性ボーカル 邦楽

こんばんは。

また少し間隔が空いてしまいましたが、本日紹介するのはこちらのアーティスト。

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は、日本ロックバンド。愛称・略称はイエモン

2012年現在、CD総売上枚数は1008万枚。

1988年に結成、2001年1月より活動を停止し、2004年7月7日をもって解散した。かつての公式ファンクラブは「Petticoat Lane」。

2016年1月、再結成と16年ぶりの全国ツアーを発表。

THE YELLOW MONKEY - Wikipedia 

f:id:imoto78:20161009211510j:plain

1990年代に一世を風靡した「イエモン」ことTHE YELLOW MONKEY

2004年に解散しましたが今年2016年に再結成を果たしました。

www.youtube.com

SO YOUNG

SO YOUNG

JAM、SPARK、楽園、LOVE LOVE SHOWなどのヒット曲がありますが、

ぼくが一番好きなのは1999年に発表された「SO YOUNG」です。

 

イエモン全盛期だった1990年代半ばから後半というのは小学生だったので、

存在は知ってるけれどそこまで聴いてはいませんでした。

失われた愛を求めて―吉井和哉自伝

失われた愛を求めて―吉井和哉自伝

 

数年前に図書館で借りてきたボーカル吉井和哉さんの自伝。

これを読んだのがイエモンに目覚めたキッカケでした。

 

内容はもう記憶があいまいな感じですが、

ショッキングで波乱万丈な内容に衝撃を受けたのは覚えています。

 

このSo Youngなんですけど決してハッピーな歌ではないのですが、

聴いていて切ないというかこの歌詞に共感できる自分は人生をそれなりに生きてきたのかなと感じられる歌です。

 

終わりのない青春 それを選んで絶望の波にのまれても

ひたすら泳いでたどりつけば

また何か覚えるだろう

吉井さんは「自身の楽曲の中で究極のラブソング」、「自分が死んだときに流してほしい曲」としてこのSo Youngを挙げています。

自分の生について考えさせられますね。

 

そんなわけで本日紹介した一曲はTHE YELLOW MONKEYのSO YOUNGでした。

話をしよう/GLIM SPANKY(2016年)

2010年代 ロック 女性ボーカル

こんばんは。

一週間ほど更新が滞りましたが、本日紹介したいのはこちらのアーティスト。

GLIM SPANKYグリムスパンキー)は、松尾レミと亀本寛貴の男女2人による日本音楽ユニット。所属レコードレーベルUNIVERSAL MUSIC JAPANの社内レーベルであるVirgin Records

GLIM SPANKY - Wikipedia

f:id:imoto78:20160925212629j:plain

2014年に「焦燥」でメジャーデビュー。

今日本ロック界期待の二人組ユニットです。

www.youtube.com

話をしよう

話をしよう

  • GLIM SPANKY
  • ロック
  • ¥250

 昨日京都にある老舗ライブハウス「京都磔磔」で行われた彼女らのツアー「NEXT ONE TOUR 2016」の二日目に行ってきました。

https://www.instagram.com/p/BKvZpA6BAtO/

最高の空間だった。#glimspanky #live #rock #nextonetour2016 #kyoto

この京都磔磔というライブハウス、キャパが350人くらいの箱なんですけど、

写真を見てもらえば分かるように、キャパ数超えてたんじゃないかというくらいの人の数。

 

セットリストとかネタバレ的なことは書きませんが、

まあ最高のライブでした。

 

今日ブログでGLIMのどの曲を紹介しようかと考えていましたが、

話をしようにしました。

 

彼女らのファンは「褒めろよ」や最近ではワンピース主題歌の「怒りをくれよ」など、ゴリゴリのロックチューンが好きな人が多いと思います。

実際ファン層も幅広く、年配の方も多いですしね。

怒りをくれよ

怒りをくれよ

  • GLIM SPANKY
  • ロック
  • ¥250

 

褒めろよ

褒めろよ

  • GLIM SPANKY
  • J-Pop
  • ¥250

 ワンピース主題歌抜擢、Mステ出演、オリコントップ10入りなど着実にステップアップしているGLIMSPANKYですが、

僕が彼女らが「絶対来る」と確信を持てたのが今年配信限定でリリースされた話をしようです。

 

ボーカル松尾レミの声はクセが強いにも関わらず、

割とどんな曲調の曲でもハマるんですよね。

 

話をしようみたいな曲も歌えることで、

リスナーの幅が音楽マニアだけじゃなく、一般大衆にも受け入れられていくと思います。

 

今年の夏で大分認知度も高まったきたと思うけれど、

まだまだこのグループは上まで行くと思いますね。

utaten.com

彼女らについては、昨年音楽歌詞検索サイト「Utaten」で書いたコラムも読んでみてください。

everybody feels the same/くるり(2012年)

2010年代 ロック 男性ボーカル 邦楽

こんばんは。

本日は京都を代表するこちらのアーティストの曲を紹介。

 くるりQuruli)は、日本ロックバンド京都府出身。これまでにスタジオ・アルバム11枚とシングル29枚、その他に映画サントラ編集盤など8作品をリリースしている。

ボーカルギター京都府京都市北区出身。立命館大学産業社会学部卒業。血液型:O。オリジナルメンバー。
ベース、コーラス、ボーカル。京都府亀岡市出身。立命館大学法学部卒業。血液型:O。オリジナルメンバー。
トランペット、コーラス、ボーカル、キーボード。京都府舞鶴市出身。血液型:O。同志社女子大学卒業。2011年加入。

くるり - Wikipedia

f:id:imoto78:20160917214253j:plain

1998年に「東京」でメジャーデビュー。

ボーカル岸田繁さん中心に結成されたバンドくるりの25thシングル。

www.youtube.com

 くるりと言えば東京を始め、ばらの花、ワンダーフォーゲル、ハイウェイ、言葉はさんかくこころは四角などが好きですが、

2012年に発売されたeverybody feels the sameは4人メンバー+サポートメンバーという構成も曲調も面白いです。

 

くるりといえば毎年開催している「京都音楽博覧会」が明日9月18日、京都の梅小路公園で開催されます。

kyotoonpaku.net

つい最近梅小路公園の近くを通ったのですが、イベントに向けて準備が着々と行われていました。

 

今年はなんとMr.Childrenも登場するということで、どのようなステージになるのでしょうか。

観に行くという知人がいるので感想を教えてもらおうと思います。

 

関西に住むようになって5年半が経過しましたが、

京都タワーを見るたびに「くるりの街だ」という思いに駆られます。

 

音楽文化が栄えている京都において「京都のバンド=くるり」というイメージを浸透させたくるりは、

やはり偉大な存在なのだなと改めて感じるのです。